エージェント以外の就職先の探し方「知人の紹介」

エージェントを使って就職しよう
就職活動にはエージェントを使おう!

就職活動や転職活動の職場探しは様々な手段があります。知っているようで意外と知らない「エージェント」の上手な利用方法を紹介します。【お問い合わせ先】

就職活動にはエージェントを使おう!

コネがあったら使いたい知人の紹介!

コネがある人は利用したい「知人の紹介」

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

詳細な情報を知ること

人脈が広い人や特別なコネクションを持っている人は、「知人の紹介」で転職先を決めるかもしれません。例えば学生時代の友達から転職先を紹介された場合のメリットは大きいです。友達の人となりは学生時代から知っているので信頼が置ける人かどうかはすぐに分かります。また転職先について知りたい情報を根掘り葉掘り聞くことができます。給与やボーナスについてはもちろんですが、人間関係を詳しく聞くことも可能です。転職後に注意したいスタッフや、社員食堂のおすすめのメニューまで、何でも聞くことができるはずです。業界や企業の情報をたくさん持っている転職エージェントを利用した時も、同様の情報を得ることができます。しかし知り合いに対して質問するように、根掘り葉掘り何でも話をすることはできないでしょう。詳細な情報を知った上で転職を行えば、ミスマッチが起こりにくいため、転職活動が成功しやすいでしょう。

詳細な情報を知ること

採用されやすい

知人や友人から紹介された転職先は、強いコネのある会社ということになります。そのため採用されやすいというメリットがあります。例えば知人がその転職先企業のスタッフだとすれば、企業側も安心して採用することができます。知人を通じて転職希望者の人柄やスキルを知ることができますし、知人の信頼度が転職希望者に対する信頼の高さにもつながるからです。企業からすれば、自分の会社のスタッフが、信頼のおけない人物や、仕事ができない人物を紹介するとは考えにくいでしょう。もし転職希望の企業に知り合いが勤務している場合は、後ろ盾になってもらえるようにお願いする価値はあるでしょう。

辞めにくい

知人に紹介された転職した後に「やはり辞めたい」と思う可能性もあります。知人が転職希望者の好みやスキル、長所を理解していなかった場合、ミスマッチが起こってしまいます。また知人や友人の伝え方に問題があり、転職希望者が転職先のイメージを正しくできていなかったかもしれません。しかし知人や友人の紹介で入った企業をすぐに辞めるのは問題があります。紹介した知人や友人の顔に泥を塗るような行為になるからです。また知人が居心地良く感じている企業にダメを出すような行為になりますので、なかなか離職を切り出すことができないでしょう。さらに紹介してくれた知人や友人と敵対する派閥の人から嫌がらせを受ける可能性があります。紹介してくれた知人や友人が異性の場合、色眼鏡で見られて仕事がしにくい可能性もあります。このようなリスクがあることも知った上で、それでも魅力的な転職先かどうかじっくり考えてみましょう。

エージェントを使って就職を考える方、必見!