エージェント以外の就職先の探し方「直接応募」

エージェントを使って就職しよう
就職活動にはエージェントを使おう!

就職活動や転職活動の職場探しは様々な手段があります。知っているようで意外と知らない「エージェント」の上手な利用方法を紹介します。【お問い合わせ先】

就職活動にはエージェントを使おう!

思い切って企業への直接応募!

熱意が伝えやすい!企業への直接応募

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

熱意をアピールすること

転職活動の方法のひとつに「企業への直接応募」があります。ほとんどの企業はHPに従業員募集の案内を出しています。転職希望者はサイトの応募フォームや電話を利用して直接、募集に応募することができます。企業側からすると、転職エージェントから紹介されていないため、信頼という面では疑問をもつかもしれません。しかし自分で企業のHPをチェックして、直接応募をしてくる人に対して「熱意」を感じます。大胆さや行動力を持つ人材という高い評価を受けることができるでしょう。面接で志望動機を言う時にも、自分で探した企業ですから、働きたいという熱意をアピールしやすいです。説得力も高いでしょう。転職を考えた時に「この企業に行きたい」と明確なイメージがある人は、まず企業のHPをチェックしてみましょう。運よく従業員を募集していたら直接応募をしてみましょう。勇気がいる行為ですが、それにふさわしいメリットがあります。

熱意をアピールすること

手間が増えるので大変な面も

企業に直接応募をすると決めると、転職先を自分で選んで、HPをチェックして、従業員募集がされているかどうかを確認する必要があります。場合によっては人事部に電話を掛けて「従業員を募集していますか」と質問をする必要もあるでしょう。また応募をする時のフォーマットも企業によって違います。履歴書の書式も企業によって違うかもしれません。複数の企業と同時に転職活動をする時に、それぞれの企業でフォーマットが違うので混乱するかもしれません。また転職エージェントを利用した時に受けられるサポートがないため、手間が掛かり忙しくなるでしょう。仕事をしながら転職先を探すハードルが高くなりそうです。また給与や待遇の交渉も直接自分で行う必要があります。交渉慣れしていない人は、企業の言いなりになってしまうかもしれません。

転職のタイムスケジュールがバラバラ

転職先の企業から内定を得た時に回答をするまでの期限があります。通常は1週間程度と短く、他の転職先企業と同時進行で転職活動を行ってしまう時に困るかもしれません。特に内定を先にくれた企業が第二志望以下の企業の場合は、せっかく内定をもらっても断るしかなくなるかもしれません。もし転職エージェントを利用した場合は、転職活動全体のプランニングをしてくれます。内定が出そろってから回答をするまでの期間がそろうように転職活動のスケジュールを組んでくれます。仮に3社の企業へ転職活動をした場合も、内定が出そろってから回答することができます。内定を断った後に、他の企業から内定が出ずに転職活動をやり直すような悲劇を避けることができます。直接応募で転職活動を行う時は、スケジューリングを自分で管理することも大切になるでしょう。

エージェントを使って就職を考える方、必見!